すっぽんには種類があります

すっぽんと言っても代表的な締めくくりで、種類にすると沢山の名前が出てくるくらい沢山のスッポン達がいます。
日本で食用としてよく活用されているスッポンはシナスッポンとキョクトウスッポンされており、このすっぽんをよく食べているんですよ。
でも見た目では区別がつかないので、名前を言われてもわからないと言う方がほとんどだと思います。

ですがスッポン自体が日本や中国や台湾や韓国近辺でしか確認できないので、食用のスッポンはほとんどが養殖とされています。
これも実際に食べていると養殖か天然かという区別がつく方はいないと思います。

でも世界に視点を向けると食用ではなくペットとして購入されている方もいるようです。
その代表的な種類としてマルスッポンやタイコガシラスッポン等がいるんですよ。

基本的にすっぽんには疲労回復効果滋養強壮などの効果を得るために食べると言う方がほとんどですが、ペットとして飼う方もいるんですね。
すっぽんの種類は豊富ですが、食用にすると種類は絞られ、ペットの視点で考えると食用よりも多くなるのですが、実際の種類は少なくなります。
すっぽんをどのように活用するかで、種類が変わってくるのですが、種類自体は数十種類いる事を知る事で楽しくすっぽんを対応できます。