すっぽんにまつわる歴史

すっぽんで最も有名な国は中国で、気が遠くなるのですが、時代は遡り3000年以上前の周時代に至ります。
この時代に王様にすっぽんが献上されて、滋養強壮や不老長や強精効果が期待されると言われるようになり、漢方として当時は扱われていたようです。
そんなすっぽんの魅力からすっぽんの役職というのも存在したくらい、有名になっていたんですね。

そして当時はあますことなく使用するという意識が強く頭や甲羅や肉や卵や血や胆のうや脂肪と全ての身体の部位を漢方として使用していたようです。
現在でもほとんどの部分を食材として使用していますが、食べる事が出来る部分を絞っているため、全部とはいかないようです。

日本では縄文時代にあった貝塚からすっぽんの骨が発見されたとされています。
そのため、この時代からすっぽんは食べられていたのではとされています。
日本でもすっぽんは珍しい食材として天皇に献上されていたとさているんですね。

この様に食材で代表的な中国でも日本でも身分の高い方に献上されたという歴史を持っています。
すっぽんが高級食材とされているのは、なかなか摂る事が出来ないと言う事もありますが、身分の高い方に献上されたという魅力的な歴史を持っていた事も関係しているかもしれません。
すっぽんの歴史は調べれば調べるほど奥が深くなるので、調べてみると意外な発見があるかもしれません。