いつ頃からすっぽんは食べられている

すっぽんはいつから食べられているのと疑問に思っている方は多いと思う方中にはいるんではないでしょうか?
現代では当たり前のように存在しているすっぽんですが、古来から存在してる生き物で、3000年~4000年前にはもうすでに食べられていたのではとされています。
つまり気が遠くなるくらい昔から、私達と同じようにすっぽんを食べている方がいたという事なんですね。

そして、日本でも縄文時代に作成された貝塚からすっぽんの骨が発見されるなど、縄文時代から食べられていたのではとされる痕跡が残っています。
当時は火はあったものの、現代のように鍋などは存在していなかったので、どうやって料理していたのと思っている方多いと思います。
すっぽんの大きな特徴は通常の亀に比べて甲羅が柔らかいコラーゲンの塊となっていて、捌きやすいという環境を提供してくれるんですよ。
当時火と石器でスッポンを料理して食べていたのではないかとされています。

しかし中国ではすっぽんの持っている効果から、漢方として活用されている傾向にあり、食用として扱われていなかったという特徴があります。
このようにすっぽんが一番いるとされている日本と中国では、その活用の仕方に大きな違いがあるんですね。